• 医院概要
  • 医師の紹介
  • 診療時間・アクセス
  • 設備紹介

山口県,防府市,脳神経外科,頭痛,めまい,耳鳴り,しびれ,物忘れ

クリニックコラム

左のQRコードから
携帯用サイトへ
アクセスできます。

HOME»  手足・全身のしびれ

手足・全身のしびれ

手足・全身のしびれ

手足・全身のしびれ

一般には外部からの刺激に対する感じ方(感覚)の異常(障害)を「しびれ」と呼びます(一部には麻痺や筋硬直状態等の運動障害・四肢先端部循環障害を表現する場合もありますが、多くは一般感覚の表在感覚・深部感覚の感覚障害によるものです)。

身体各部分の感覚(皮膚や粘膜からの感覚情報は、感覚受容器 → 感覚神経(末梢~視床までで3段階のニューロン(神経細胞)の変換を施行、なお顔面部担当神経は三叉神経、脳内では神経交叉(左右の感覚神経走行の入れ替え)を施行) → (反対側の)大脳表面(頭頂葉感覚中枢)で感覚認知を処理しています。

この経路内での種々の異常により「しびれ」をきたします。

感覚の種類について

一般感覚

  • 表在感覚(外受容器性感覚)  身体表面の痛覚・温度覚・触覚
  • 深部感覚(固有感覚)  身体深部の運動覚・位置覚・振動覚・圧覚・深部痛覚(圧痛覚)
  • 一般内蔵感覚  胸膜・腹膜・腸管等の感覚

特殊感覚

  • 臭覚・視覚・味覚・聴覚・平衡覚等、特別な器官によって感ずるもの

複合感覚

  • 諸感覚の認知に加えて大脳(頭頂葉)機能により対象物の識別を行う感覚
    例えば物に触れる事で形態・性質(形・硬さ・属性、金属?木?の区別等)を認知・判断するもの
    識別(認知・判断)できない場合を「立体覚消失」と呼びます。
    他に障害側のみの感覚刺激を無視する現象を「感覚消去」と言います。右頭頂葉障害での左側身体感覚刺激で顕著です。

感覚障害について

障害の内容・程度・表現用語

  • 消失(感じない)
  • 鈍麻(鈍っている)
  • 過敏(異常に強く感じる・ヒペルパチーと呼びます。)
  • 異常感覚(刺激されていないのに感じる、自発的に生じる自覚的な感覚)
  • 錯感覚(軽く触れただけでピリピリする、外界から与えられた刺激と異なって感ずる他覚的な感覚)
  • 感覚解離(障害部位で一部の感覚が温存される事)
  • 灼熱痛(カウザルギー・神経損傷により不快な痛みと神経担当領域での栄養障害をきたしているもの)
  • 異痛症(アロディニア・非侵害刺激を痛み等の侵害刺激として感ずるもの)
  • 疼痛(自覚的に耐えがたい痛み)
    問題となっているのは「原因から予想される持続期間・痛みの程度を超えて持続する」慢性疼痛です。

診療で留意・注意したい点

  • ヒステリー・血行障害性は四肢末端部(手袋~靴下型と表現)に感覚消失・しびれ自覚をきたします。
  • 触覚には粗大触覚(全般性)と微細触覚(局在性)があります。
    粗大は有毛部(体毛の有る部分)、微細は無毛部(手のひら・口唇等)を担当しています。粗大は感覚部位があいまいで局在が不明となりやすいです。
  • 末梢神経障害は四肢の遠位部優位の分布(手袋靴下型)です。
  • 内臓感覚は表在感覚に比べて局在があいまい・不良です。
  • 大脳皮質(頭頂葉)障害では感覚消失は起きません。
  • 末梢神経障害は神経線維径の太いものほど障害(圧迫・循環・麻酔等)を受けやすいです。例えば糖尿病性神経障害では下肢での振動覚低下・アキレス腱反射低下(圧覚・運動覚低下が関与)が典型的初発所見です。
    (参考)神経線維径(太い順です。)
    運動・深部感覚>触覚(微細>粗大)>温度覚・痛覚(鋭>鈍)

比較的よく目にする各種疾患
「しびれ」愁訴の部位での実際の感覚障害(範囲・内容・程度)・腱反射を確認し、障害レベルを想定します。

困ったしびれ・痛み

Page Top